one ok rock takaのtakaって留学していたのか?

one ok rock takaのtakaって誰?

ここ数年前から海外でも大人気のone ok rock takaっていうバンドですが、ボーカルのTaka(タカ、本名:森田 貴寛、1988年4月17日)って実は森進一・森昌子の長男だったのですね。

これはどうやら有名な話で、私が知ったのが遅すぎということなのですが、それにしてもやはり両親が歌手というなんとも恵まれた一家に生まれ育ち、身近で芸能界というものに触れながら成長してきたというのは、かなりのアドバンテージだと思います。宇多田ヒカルもおなじような感じですよね。

スポンサードリンク

現在26歳ということですが、13歳のときに初のテレビ出演をして、その際に父である森進一さんの代表曲である「襟裳岬」を熱唱したという動画があります。

動画の後半には、現NEWSメンバーである手越と増田も一緒に出演しているという貴重な動画になります。

留学?それとも独学なの?

この動画「The Beginning」を聴いてびっくりです。彼の英語力はネイティブレベルなのです。きれいな発音に外国人も絶賛するわけがわかります。しかしながら、彼はおそらく留学をしたわけでなく、英語を本格的に習ったというわけでもないらしいのです。これはセンスの問題なのかもしれません。

確かに慶応幼稚舎からはじまり中学も、慶應義塾湘南藤沢中学校で、やっぱりなという感じはするのです。そして実はこの学校はかなり英語の教育に力を入れてる学校で、帰国子女もかなりいると評判の学校だそうです。でもだからといっても、Takaは中学時代にNewsにいたことでかなり、バッシングを受け壮絶な体験をしていますので、ほとんど学校には通っていないらしいのです。

なので、学校教育で英語をマスターできたわけではないらしいのです。ではどうやってTAKAは、ネイティブなみの英語力をつけたのでしょうか。

おそらく、外国人の友達を作ったり、ひたすら洋楽を聴きまくったり、ひたすら英語で映画を見まくったり、こんなところでしょうか。言ってみればこういう英語習得のほうがのびたりするケース多いようです。楽しく学ぶってことですね。
 

大物芸能人の息子としての光と影

彼の歌声を聴いていると、大物歌手夫婦の息子として生まれ、様々な荒波に揉まれて苦悩を乗り越えたからこそ、心に響く声を感じることができます。

10代のころに受けた心の傷はかなりショックだったに違いありません。また芸能界の怖さも同時に感じたに違いありません。私たち凡人には計り知れないものがあったのですね。

スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年7月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:芸能

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ