韓国人モデルのヨンアが 辛ラーメン御曹司の次はAKB創設のやり手A氏と再婚!

島田紳助がお気に入りの韓国人モデルのヨンアが再婚することがわかりました。お相手は、なんでもAKB創設のやり手A氏の40歳。

ヨンアが28歳なので、12歳ひとまわり年上となります。2014年11月に挙式予定らしいです。離婚後から約1年の交際期間を経てのゴールインとか。

 

スポンサードリンク

元夫とはなんで別れたの?

ヨンアはバツイチなのですが、2009年4月に辛ラーメン御曹司の超お金持ちのカレと結婚していて、2013年6月に4年間の結婚生活に終止符を打ちました。

やはり、お相手は韓国人なので、当然韓国にいてほしかったでしょうし、反してヨンアは、日本でのモデルの仕事やらタレント活動をしてきたいたしで、

遠距離恋愛も徐々に溝ができていったのでしょう。超お金もちのセレブ婚だったのに、もったいないですね。ユンソナのように、

韓国人と結婚したらやっぱり韓国に住むべきでしょう。おそらく、ユンソナとは違い、ヨンアの場合、韓国ではほとんど知名度もなく、

韓国に住んでも面白みもなかったのかもしれません。私からすればなんとも贅沢な話ですね。ま、とはいえ、

男女間には本人たちしかわからない問題もあるでしょうから、きっとご縁がなかったのでしょう。

AKB創設のやり手A氏とは?

どうやらA氏とは、芝幸太郎さんのようです。高知県幡多郡十和村出身の1973年11月8日生まれの39歳。2004年に芸能事務所株式会社office48を設立し、

翌年に株式会社デジタルマーケット(IT関連会社)を設立と。同年、現在のAKB48の生みの親である作詞家秋元康、KRKプロデュース株式会社代表・

窪田康志らと協力して「秋葉原48プロジェクト」を発足し現在に至ります。現在の肩書は、株式会社office48代表取締役社長、

株式会社デジタルマーケット代表取締役社長、株式会社グラッシーズ代表取締役社長、株式会社サファリ代表取締役社長と

数多くの会社を経営しかなりのやり手の方らしいです。そもそも秋元康さんと知り合い一緒にビジネスやれる時点で凄い人ですよね。

芝幸太郎の30歳のとき!

このとき、すでにフェラリーにのっていて、なんと3年前に2000万円ほどで購入したみたいです。年収は、1億円!自宅もかなりのもので、

まるで高級ホテルのような東京タワー近くのマンションに住んでいました。時計も趣味で、全部で6000万円分も持っているとか。

車も他に、ベンツ1500万円、ベントレー3000万円ももっています。ベントレーに至っては、20代で現金で買ったことのある人は今までいないと聞き、

29歳のときにすべてキャッシュで購入したという伝説の方でもあります。

AKB48誕生のルーツと超イケメン AKB48結成前年 30歳のときにインタビュー動画になります!

今後のヨンアはますます、高級ブランド品に囲まれる生活を送れることでしょう。なんでもすでにエルメスのバーキン(1個100万はする!)

を10個以上持っているとか。お金をどう使おうと人の勝手ですが、一言言わせてもらえるなら、ぜひこういうお金もちには困っている地域や

人に寄付や慈善活動をしてもらいたいって強く思います。ハリウッドの俳優たちもみなさん、心ある人はやっていますよね。

私自身、NGO出身ということもあり、やはりお金は天下のまわりもの、人に使ってみなで幸せになりたいと思うのです。

スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年8月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:最新ニュース

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ