菊池桃子が否定する入閣内定報道とは

タレントの菊池桃子さん(46)に、なんと9月の内閣改造において女性の大臣候補として名前があがっているとの噂がでてきました。

この報道に対して、本人である菊池桃子さんは全否定されていますが、今後どうなっていくのでしょうか?安部首相には、

どうやら菊池さんが子育てを頑張りつつ、雇用政策(キャリア教育)の講義担当として戸板短大客員教授を務めていたり、タレント業も頑張っているところが、

今すすめている「女性の活躍推進」にマッチするとの見解からこんな話がでたのではないかと憶測されます。

菊池桃子さん公式ブログ

スポンサードリンク

ママタレントの菊池桃子さんって

1968年5月4日生まれの46歳のママタレントである菊池桃子さん。私とほぼ同世代ってこともあり、かなり彼女のことは応援したくなります。

なぜなら、1995年にプロゴルファーの西川哲さんとご結婚され2人の子どもを授かるも、その後彼の浮気やら借金問題やら

いろいろなことが発覚し2012年に離婚され、とても苦労されているからなんです。彼女自身は一時は芸能界から去り、

子育てや家事を専念されとても健気に頑張っていたのにも関わらず、元旦那である西川さんは、真逆のことをされていたわけなんですね。

そして、借金問題も抱えてたので、もちろん離婚しても慰謝料はなし。子ども2人の親権を持ちながら、ママタレントとして頑張っている菊池さんなんです。

 

そして、かなりの努力家であり2012年3月法政大学大学院政策創造研究科政策創造専攻修士課程修了、

修士(政策学)を取得され、2012年8月1日より母校・戸板女子短期大学の客員教授に就任されたというから、本当に凄いことだと思います。

多彩な趣味もお持ちで、学問以外にもファッションに関する活動もされています。
現在の所属事務所はパーフィットプロダクションで、婦人雑貨「Emom(エマム)」「Momokoselection」の

ブランドアドバイザーなども務めていて、幅広い活動をしています。

実際、彼女自身は特に芸能界に対して強い憧れや目標となる芸能人や女優さんがいたわけでなく、

真逆の考古学者になるのが夢だったといってるところもとても興味深いところであります。とはいえ、今年2014年でデビュー30周年を迎え、

4月にはアルバムをリリースしていたり、5月にはコンサートも開催したりしてますので、今後の活躍がさらに期待されますね。

 

安部内閣が進める「女性の活躍推進」って何?

アベノミクスの成長戦略のひとつとして掲げているのが、「女性の活躍推進」です。日本は、まだまだ世界のレベルには遅れていて、

女性が働きやすい環境というものもないですし、また女性の管理職の数も海外に比べるとはるかに少ないのです。そのためにも、

まずは子育て支援として、待機児童問題を解決したり、子育て世代の女性でも働きやすい環境を作っていただきたいと強く思います。

政府は2020年をめどに強化したいとのことですが、おそらく東京オリンピックを目標にしているのかと思われます。

しっかりとした、女性活躍推進をしていただきたいと思います。

スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年8月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:最新ニュース

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ