川口ゆりなさん 国民的美少女コンテスト 2014で演技部門賞受賞

今年で14回目を迎えた「全日本国民的美少女コンテスト2014」が8月5日グランドプリンスホテル新高輪国際館パミールにて開催されました。
本年度の応募総数81,031通の中からグランプリに選ばれたのは、12歳の高橋ひかる(たかはしひかる)さん。

とても華奢な体型の少女で、とてもエレガントな女性らしさのある素敵な女の子です。

全日本国民的美少女コンテストには、グランプリのほか、審査員特別賞、演技部門賞、モデル部門賞、音楽部門賞、

マルチメディア賞、グラビア賞の6つあり、それぞれ合計9名が選ばれました。
その中の、演技部門賞に選ばれた川口ゆりなさんは、9名の中でも断トツで、とても魅力ある美少女でしたので、紹介させていただきます。
ちなみに、その他の受賞者についてはこちらからご覧ください。

 

スポンサードリンク

川口ゆりなさんプロフィール

1999年6月19日生まれの現在15歳で中学3年生です。趣味は、音楽鑑賞に特技はゴルフと中学生ながらセレブ感が漂っています。

身長は高めで164センチ。将来の夢は、人に感動やを洗えられる女優さん、モデルになりたいとのことです。趣味が音楽鑑賞とあるだけあって、

中学の部活では吹奏楽部に所属していてフルートを担当しているようです。また、ティーンらしくディズニーが大好きで、

その中でもダッフィーやシェリーメイがお気に入りいとのことです。

 

川口ゆりなさんマルチメディア賞用VTR

 

川口ゆりなさんの歌唱力披露

 

国民的美少女コンテストの定義する美少女とは?

前から実は気になっていたのですが、この後藤久美子をイメージキャラクターにしている美少女コンテストっていうのは、

どんな基準で選んでいるのかって思っていたのですね。今回そのへんを調べたので、以下にまとめていきたいと思います。

なかなか厳しい基準であることがわかります。

 

以下、国民的美少女コンテスト公式ホームページより抜粋

「美少女の5つの条件」

1.圧倒的な輝きを放つ美しい容姿
どこにでもいるような可愛い女の子を美少女と呼ぶことはできません。どんな群衆の中にあってもキラッと光る、注目されてしまう、そんな特別な美しさが必要です。たとえ何もしなくても、何も語らなくてもその美しさそのもので人を惹きつけてしまうような特別な美しさがなくてはなりません。

2.豊かな知性と品位
育った環境の違いや、生まれ持った感性などさまざまな要素が、ちょっとしたしぐさや表情、言葉づかいなどに歴然と現れるものです。人々のハートを惹きつける、本当の美少女の知性と品位が備わっていなければなりません。

3.秘められた神秘性
美少女は、気軽に話しかけれそうな女の子とは違います。むしろ、「手の届かない」「決して、無意識に隣には座れない」そんなあこがれにみちた存在です。つまり、彼女をみつめる人にとっては、現実から少しだけ離れた高さにある神秘的な存在でなければなりません。

4.永遠の美しさを感じさせる個性
女性には、誰にでも最も美しい時期があります。しかし、我々のいう美少女の美しさは、そんな一時的なものではなく、つねに変化しながらも年齢を重ねるごとに、輝き続ける永遠の美しさなのです。13歳のときには13歳としての美しさ、18歳のときには18歳としての美しさ。美少女の美しさは、時が経っても、その表情を変えながらどんどん磨かれていく予感を感じさせるものです。

5.女性としてのしなやかさ・やさしさ
女性としてのやさしさ、しなやかさを抜きにして美少女を語ることはできません。これは天性の母性と言えるでしょう。

スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年8月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:最新ニュース

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ