元人気子役は芸能界で稼ぎまくっているのか?

元人気子役で現在モデル&女優のてんちむが、自分の過去最高年収を6日放送の日本テレビ系「ナカイの窓」にて暴露して話題になっているとか。

どうやら最高年収は17歳のときで、その時には年収で3000万~4000万は稼いでいたというから驚きです。

現在21歳の彼女、次はどんなことで話題になってくるのでしょうか。

 

てんちむのオフィシャルブログ

スポンサードリンク

てんちむって誰?

名前は、橋本甜歌(はしもとてんか)さん。1993年11月19日生まれの21歳です。出身地は、中国北京で、日本人の父親と中国人の母親の間のハーフ。

芸歴は古く6歳から芸能活動を開始し、NHK教育番組「天才てれびくんMAX」(2004~2006)のてれび戦士としてレギュラー出演したり、

TBS系ドラマ「こどもの事情」(2007)では準主役を熱演し、話題の子役となりました。その後少しお休みをしてから、

「Nicky」「Popteen」「Ranzuki」をはじめとするいわゆるいまどきのギャル雑誌のカリスマ読者モデルとして活躍し、またしても注目を浴びました。

 

 

また2014年3月に放送された番組「有吉反省会」では、書籍の印税生活に明け暮れるあまり、芸能活動がめっきりと減ってしまったことを嘆いていたのですが、

ここ最近では5月公開の映画「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」で初のフルヌードを披露してまたしても話題になったりしました。

今後は、バラエティ番組などに出演して活躍をしていきたいそうです。

 

最高年収はどうやって稼いだの?

てんちむは、17歳のときに最高年収である3000万円~4000万円を稼いだとあるのですが、何で稼いだかっていうと、

どうやら自身のモデルの仕事の他にもダイエットサプリやつけまつげなどの化粧品雑貨などのプロデュース商品がかなり売れ行きが好調で、

それもあって高額年収を稼ぎだすことができたそうです。ちなみに、子役時代には年収が500万円だったとか。

てんちむが番組内で「たったの500万しか稼げてなかった」と発言したところ、それに対して中居が「いやいやいや、しかじゃないでしょう」と反論したとか。

確かに感覚はふつうの同じ年齢の子たちと違いますね。

 

 

母親との確執があったとか

てんちむは、数年前までずっと母親のことを憎んでいたそうです。なぜなら、子役として働かせるだけ働かせて、

まるで自分を金の成る木としか見てないって感じたからだそうです。そんな中2011年「母親失格」という本をてんちむの母である橋本文華さんが出版したことで、

がらりとてんちむの心が変わりました。いままでのわだかまりが解けていったとか。そしてなんとこの本、20万部を突破しベストセラーになったそうです。

 

「母親失格」「母親失格」

 

元子役芸能人は、最近ですと坂上忍とか、また杉田かおる、吉岡秀隆、中嶋朋子もいますが、それぞれみなさん紆余曲折はあるものの、活躍されていますね。

子役から芸能界というところにいると、良い面もあれば悪い面もあると思うので、そのへんのバランスを取るのが一番大変そうですね。

とはいえ、芸歴は子役時代から磨かれていますので、今後の活躍さらに期待したいです。

スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年8月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:芸能

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ