井上真央が2015年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」で吉田松陰の妹役に抜擢!

井上真央が2015年1月4日より放送されるNHK大河ドラマ「花燃ゆ」で吉田松陰の妹役として出演することが決まりました。

番組の会見が行われた都内スタジオでは、同じ出演者である大沢たかお、長塚京三、檀ふみ、原田泰造、奥田瑛二、

久保田磨希も参加し、クランクインをした心境が語られました。

スポンサードリンク

松本潤と真剣交際の井上真央、翌年には松本潤と結婚!?

かねてから交際報道がされている、松本潤との仲ですが、どうやらこの大河ドラマ「花燃ゆ」の放送が終了した後に、結婚を発表するかもらしいです。

大河の撮影は、九州にずっと滞在になるらしいので、このドラマが完結しないとはじまらないですからね。いずれにせよ結婚会見がとても楽しみですね。

 

井上真央は、ドラマ主役の吉田松陰の妹役

吉田松陰の妹役である杉文役に井上真央を起用したわけは、杉家の人は頭が良く聡明な女性というイメージが強いので、

そういう理由から井上真央を抜擢したらしいです。文は杉家の4女であり、幕末の困難な中を乗り越えていったたくましさを持つ女性です。

今回、杉文を中心にドラマを描くことになったのも、実は深いわけがあって、松下村塾には高杉晋作、伊藤博文、久坂玄瑞、吉田稔麿らがおり、

杉文は塾の幹事役として兄を支え、また塾生に慕われながら塾を切り盛りしていっていたので、全部を見渡せる位置にいました。そんなこともあり、

文の視点でドラマを描くことでさらに面白くなると気づき作られたそうです。

 

 

吉田松陰はどんな人?

吉田松陰は、明治維新の指導者として知られる日本の歴史ではなくてはならない人です。明治維新は、日本が鎖国文化から解放され

国際社会へと踏み出すための第一歩となったきっかけでもあります。江戸幕府から、明治政府へと移行し、それにより中央官制・

法制・宮廷・身分制・地方行政・金融・流通・産業・経済・文化・教育・外交・宗教・思想政策など多岐にわたっていました。吉田松陰は、

江戸幕府は、日本最大の障害になっていると批判し、倒幕をも持ちかけたことで、満29歳のときに斬首刑となってしまいました。日本の現在は、

吉田松陰の犠牲によりあるということも忘れてはならないことですね。歴史を学ぶにはドラマが手っ取り早くおすすめですね。

 

スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年9月11日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:映画・テレビ

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ