下田美咲 盛り上げすぎる女パフォーマーの再生100万回超え動画

最近、なにかと話題急上昇の下田美咲さん。

Youtube動画には、現在までに合計180本以上もの動画をUPしており、なんとその再生回数は100万回を超えるというから、

いままさに注目度の高いタレントと言えます。実は彼女、もともとモデル事務所に所属するモデルさんとして活動をしていたのですが、

彼女の類まれな多彩な才能、行動力が、モデルという枠を超えて現在のパフォーマーとしての才能を開花させたのではないかと思います。


スポンサードリンク

新進気鋭のパフォーマーになるまで

彼女がモデルという枠を超えてパフォーマーとして活動し、動画をUPしはじめたのかについて調べてみました。

下田美咲さんは、モデルをやるくらいですから、写真みてもわかるように容姿は淡麗です。すっと澄まして黙っていれば、美人のモデルさんというイメージなのですが、

芸人魂というか彼女の中にある何かが爆発ししてしまいこのようなパフォーマーとして目覚めてしまったのに違いありません。

きっかけは、ゴールデンボンバーさんの「女々しくて」のPVを見たことらしいです。そして思いはエスカレートし、自分もゴールデンボンバーに加入したいと思うようになったとか。

そのためには、まずは無名で何のスキルもない自分自身をどうやったらアピールすることができるのだろうと考えた結果、

手っ取り早くおもしろい動画を作れるスキルを磨くことで何とかなるのではないかと考えてYoutube動画を一生懸命にアップしていったそうです。

下田美咲公式ブログ 嫌なことあったら、そっこーヘルペス。

もうひとつのきっかけ

実は、下田美咲にはゴールデンボンバーのほかに、もうひとつのきっかっけがあったいう。

CLUB PRINCEというグループが歌う「LOVEドッきゅん」という曲を、下田美咲がハンパない盛り上がりで歌う動画がやばいという噂が知人レベルで広まり、

最初知人レベルだったのが、いつのまにかSNSを介して多くの人に広がり、それをきっかけにして、そんなうけるなら自分がカラオケで歌いまくるところを動画でとって

「全力カラオケシリーズ」をやってみるのもおもしろいかもなんていう軽いノリではじめたのがきっかけとも言っています。

 

 

公式動画  『LOVEドッきゅん』(歌:CLUB PRINCE)

 

下田美咲のシンデレラストーリー

動画を頑張ってアップしていくにつれ、なんと映画館でのイベントで流すように動画を作ってほしいなどの、仕事の依頼も舞いこむほどに。

実際、下田美咲自身でも動画制作が自分に向いているって感じていたので、これはもう突っ走っていくしかないって思ったようです。とはいえ、

自分自身の夢でもあったゴールデンボンバーに加入したいという思いは強く思っていたので、2013年夏にはなんと、あのゴールデンボンバーに直談判してメンバーに入れてほしいと言ったとか。

当然、ダメだったようですが、それにしてもすごい行動力です。やらずに後悔するよりは、あたって、やってみて後悔したほうがいいっていうことの一例です。

そんなこんなで、結局は自分のオリジナルソングを作るしかないと思いつき、それで一旗上げないといけないなと思ったとか。

そんな彼女の思いが通じたのか、彼女が大好きな「LOVEドッきゅん」の作詞・作曲を手掛けた宮下浩司さんから、

曲を作ってもらえる話が舞い込み、夢が実現となりました。その曲がこちらです。

 

 

動画「お手を拝借!もういっちょ!」作詞&振り付け:下田美咲

 

 

 

 

下田美咲の生い立ち

下田美咲は東京出身1989年8月15日生まれの現在25歳。下田家の次女として生まれ、家族構成は父、母、姉、弟の5人家族。

趣味は鯉に餌をあげること、生き物への餌付け全般、人様の実家へ行きその家庭に馴染むことだとか。好きな食べ物などは、焼肉、寿司、しゃぶしゃぶなどバブリーなものがお好み。

スイーツもほぼ好きみたいで、チョコレート、アイス、生クリームなどちょっと女子らしい一面も。お酒は、ビールと日本酒が好きだとか。

マンガからの影響を結構受けていて、なかでも「クレヨンしんちゃん」「ONE PIECE」、ラブアンドセックス、ヘンタイの哲学からの影響を多く受けているそうです。

モデルになったきっかけは、13歳で初めて行った原宿の竹下通りでスカウトされ、その後エルティーンスペシャルの表紙でデビューし

ピチレモンの専属モデルに。その後、16歳のころからシンガーソングライターとしても本格的に活動をはじめ、CDデビュー目前までいったのに、

なぜか頓挫。それ以降、タレントとなったが、特撮ドラマ『爆竜戦隊アバレンジャー』やムラサキスポーツのCM、映画「ザ・ザ・ザオペレッタ」などに出演し活動。

文才もあるようで、本人が書いた「18歳の哲学。」(株式会社コネクタ)も過去にiphoneアプリケーションで出版しているとか。多彩ですね。

 

パフォーマー活動

2012年10月24日、カバーアルバム『I LOVE J-POP』でゴールデンボンバーの「女々しくて」を公式カバーし歌手デビューし、

その後2013年11月、自身の個人事務所「ミサキ式」の設立を発表し「お手を拝借!もういっちょ!」を含む数曲を、ポニーキャニオンよりCD発売することを発表しました。

その他、DVD、書籍2冊を竹書房、夜間飛行社より発売する事も合わせて発表されました。

特にこの書籍「「生きているだけで死にたくなるような世の中で生きていてもいいような気がしてくる119の名案」は、

本当に素晴らしい書籍で、元AKBの板野友美も購入し絶賛しているとか。ぜひ購入してみたいですね。

スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年8月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:芸能

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ