一富士二鷹三茄子 いちふじにたかさんなすび   

このことわざは江戸時代の初めごろから言われてきたようです。このことわざの説明として次の三つが挙げられています。

1.駿河国(するがのくに・今の静岡県中央部)の名物を順にあげた。

2.徳川家康が、自分の住んだ駿河国の高いものを順にあげた。鷹は鳥ではなく、

富士山の近くにある愛鷹山(あしたかやま)のこと、茄子は初物(はつもの・その年の最初の収穫品)の値段の高さをいう。

3.富士山は高くて大きく、鷹はつかみ取る、茄子は「成す」に通じて縁起が良い。

もうすぐ一年も終わりますね~。早かった!

初夢はこんな縁起の良い夢でスタートしたいですね。

スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月1日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:ライフスタイル

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ