ロマネ・ラ・ターシュ DRCフランス高級ワイン

ラ・ターシュLa-Tache)はドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC)社が単独所有(モノポール)するフランスの

ブルゴーニュ地方、ヴォーヌ・ロマネ村に在る約6.1ヘクタールのグラン・クリュ(特級格付け)の畑。

元々のラ・ターシュは約1.43ha程でロマネコンティよりも小さな畑であったが、所有者のドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社の

申し立てで、1932年に直ぐ上に隣接するゴーディショの約4.62haの畑を併合し、今の形になった。

畑の形が縦長で、高低差も50m近くある比較的広い畑である事が幸いしてか、毎年品質的には安定感があり、

時にはロマネコンティを上回ると評されている。

年間「約1,800ケース」が製造されており、1929年には「8万8125ドル」という値がついた記録も残されています。

また、ラ・ターシュのワインは“悪いビンテージでも比較的安定して美味しい”と言われています。
色濃く、かなり凝縮された印象の味わいは、時に“ロマネコンティの腕白な弟”と呼ばれるほどで、

独特の力強さと複雑さと強烈なアロマを感じさせてくれます。

ちなみに、1962年は、120万円で販売されてますね~

凄いです。一度でいいから飲んでみたい。昔、会社でよくティスティングセミナーで勉強させてもらったこと

思い出しました!

 

スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月29日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:海外ニュース

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ