グッチ教育資金をユニセフへ・・・

グッチ、「GG フラッグ コレクション」発売を通じて

ユニセフの教育プログラム支援を拡大すると発表!

グッチから、ユニセフがスタートした「スクール フォー アジア」プログラムを記念し、

クリエイティブ・ディレクター、フリーダ・ジャンニーニのデザインによる「GGフラッグ コレクション」を制作。

現在、全国のグッチショップにて発売中だ。

ユニセフとの7年間にわたるパートナーシップで「スクール フォー アフリカ」プログラムを支援してきたグッチは、

2012年より新たに「スクール フォー アジア」プログラムの初めての企業パートナーとして支援をスタートした。

この教育プログラムは、アジア太平洋地域の弱い立場に置かれている子どもたちに、質の高い基礎教育を提供することを目的としている。

 

その支援の第一歩として、「グッチ チルドレンズ コレクション」の名のもと、グッチはユニセフの教育プログラムに35万米ドルを寄付した。

 

グッチヒストリー:

1921年、グッチオ・グッチは革製品の会社を起業し、彼の生まれ故郷であるフィレンツェに

小さな鞄店を開きました。ブランドに対する彼のビジョンは、ロンドンと、

彼がサボイ・ホテルで働いていた時に見た英国貴族の洗練された審美眼から培われたものです。

彼がイタリアに帰国した際 の目標は、この上品な感性と故郷イタリア独特の技能、具体的には、

地元トスカーナの職人の熟練したクラフツマンシップとを融合させるというものでした。

 

グッチは、約90年にわたる歴史を通じて築き上げてきた、比類のない高い評価を支えている価値を、

さらに高めることに今後も力を注ぎ続けていきます。グッチが大切にする価値とは、エクスクルーシブ、

クオリティ、メイド・イン・イタリー、イタリアのクラフトマンシップ、そして時代を牽引するファッション性です。グッチは、

現代性と伝統、クラフトマンシップと革新、最新のトレンドと洗練を融合し、独自の二面性を持ったブランド ポジショニングで他から抜きん出ています。

2010年、新たな10年の始まりにあたり、フィレンツェに本拠を置くファッションハウスとして、他者や環境に対する敬意と配慮という

共通のフィロソフィーで結びついた2つのプロジェクトを立ち上げました。環境に対する悪影響を削減するための世界的なエコフレンドリー プログラム、

そしてグッチにとって初めてのチルドレンズ コレクションの発表です。創設以来グッチのDNAの一部であり、グッチ製品に携わるすべての

従業員が共有する価値を体現する2つのプロジェクを通じて、すべてメイド・イン・イタリーのクオリティ、そして社会への関わりに対する

グッチの評価をさらに高めるものとなるでしょう。

 

スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年7月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ