エレファントマン病名発見!プロテウス症候群

 

プロテウス症候群とは、生まれるときは特に異常はないのですが、成長の過程で、頭部、手足など身体の一部が他の

部分よりも早く大きく成長する疾患で、

先進国では500例ほどしか知られていない奇病であり難病でもあります。

昔映画であった、エレファントマンの病気が今になってやっと解明されたんですね。

 

それにしても、かわいそうな映画でした。

1980年公開の巨匠デビッド・リンチ監督の傑作映画ですね。
この映画のモデルとなったのがジョセフ・メリック(1862〜1890年)です。
ジョセフ・メリックは身体の極度な奇形から「エレファント・マン」として知られた人物です。

ジョセフ・メリックは1862年、英国はレイチェスターに生まれました。
子供の頃から身体が極度に奇形し始め、その変形された異様な姿から周囲からも嫌われ、

最後は家族からも見捨てられてしまいました。
その後、ジョセフ・メリックは見世物小屋で働き「エレファント・マン」として存在を知られるようになります。
そして20代半ばに医師フレデリック・トレヴェスに保護されたロンドンの王室病院へ

入院し27歳の時に、その病院で死亡しました。
その後、遺体は彼の遺言により保存され、今でも大英博物館にその骨格が収蔵されているそうです。

彼は、こんなにも皆から見放され、虐げられたにも関わらず、本当に優しい心で、また知的な青年だったそうです。

こんな詩を最後に残してます。泣けます。

 

「私の姿がどこかおかしいのは事実だ
しかし私を咎めることは神を咎めることだ
もし私が自分を創りなおすことが出来たならば
私はあなたを落胆させはしないだろう

もし私が巨大で塔に触れることが出来たとしても
あるいは手のひらで海を掴むことが出来たとしても
私は精神によって測られるべきである
精神こそが、人間のもの差しなのだから」

 

スポンサードリンク

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:最新ニュース

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ